HOME > 学校案内 > 藤枝明誠の制服
文字サイズ
  • 受験生の方へ
  • 在校生の方へ
  • 卒業生の方へ
  • お問い合わせ

「なりたい自分」への
確かな道。

進路紹介
現役で東大合格

藤枝明誠は生徒の未来を考えた教育環境を整えています。



学校案内のご請求


明誠ニュースはこちら
  • 藤枝学園 財務諸表
  • 藤枝明誠 学校評価

藤枝明誠の制服

中学校 男子制服

junior_m.jpg

制服(夏服)の特徴

冬と同じグレンチェック柄の夏素材のスラックスと白の開襟シャツとのコーディネートは見る人に爽やかな印象を与えます。

制服(冬服)の特徴

高等学校と同じ伝統的で正統派のトラディショナルスタイルが基本です。
クラシックパターンのグレンチェック柄のボトムと金釦を使用したネイビージャケットとのコーディネートは洗練された制服です。

中学校 女子制服

junior_w.jpg

制服(冬服)の特徴

同素材を使用した襟に切替のあるイタリアンカラージャケットに千鳥格子の親子ヒダが特徴のジャンパースカートとのコーディネートとなっており気品溢れるつくりとなっております。
ネクタイは高等学校同様、ニットタイで統一され男女とも黄色のネクタイが鮮やかなポイントとなっております。

制服(夏服)の特徴

襟元がブルー系の切替になっているイタリアンカラーのオーバーブラウスとブルー系のストライプのスカートとの涼しげなコーディネートとなっております。
左胸のオリジナルの刺繍が高等学校同様、男女夏服の共通のポイントとなり統一感となっております。

高等学校 男子制服

high_m.jpg

制服(冬服))の特徴

伝統的で正統派のトラディショナルスタイルが基調です。
金釦のネイビージャケットと千鳥格子のクラシックパターンのボトムとのコーディネートは流行に流されない洗練されたものとなっています。

制服(夏服)の特徴

さわやかな白の開襟シャツと冬と同柄であります千鳥格子の夏素材のスラックスとのコーディネートとなっております。

高等学校 女子制服

high_w.jpg

制服(冬服)の特徴

同素材を使用した襟に切替のあるイタリアンカラージャケットに千鳥格子の親子ヒダが特徴のジャンパースカートとのコーディネートとなっており女性らしさに溢れるつくりとなっております。
男女ともネクタイはニットタイで統一され学年ごとにカラーが変わりますので、進学ごとに気持ちの切替ができます。

制服(夏服)の特徴

ジャケット同様、襟にブルー系の切替のあるイタリアンカラーのオーバーブラウスにブルー系のストライプ柄のスカートとの清涼感たっぷりの爽やかなコーディネートとなっております。
左胸のオリジナルの刺繍が男女夏服の共通のポイントとなり統一感となっております。

藤枝明誠中学校・高等学校制服着用規定(平成20年5月1日付)

  男子 女子
夏服
基準期間6/10~ 9/20
開襟シャツ
スラックス
ニットベスト
オーバーブラウス
スカート
ニットベスト
冬服
基準期間10/20~ 5/10
ブレザー
長袖Yシャッ
ネクタィ
スラックス
セーター(11/1~ 3/31)
コート類(11/1~ 3/31)
マフラー(11/1~ 3/31)
ブレザー
長袖Yシャッ
ネクタイ
ジャンバースヵ― ト
セーター(11/1~ 3/31)
コート類(11/1~ 3/31)
マフラー(11/1~ 3/31)
合服
基準期間5/10~ 6/10
9/20~ 10/20
長袖Yシャッ
ネクタィ
スラックス
※夏の合服期間はニットベス
ト・冬の合服期間はブレザ
ーのみ着用を可とする。
長袖Yシャッ
ネクタイ
ジャンバースカート
※冬の合服期間はブレザーのみ着
用を可とする。

セレモニー時の服装

①卒業式・入学式・前期始業式・後期終業式

男子 ブレザー・長袖Yシャツ・ネクタィ・スラックス
女子 ブレザー・長袖Yシャッ・ネクタイ・ジャンバースカート
②前期終業式・後期始業式
男女共に気温によってセーター着用を指示する)
男子 長袖Yシャッ・ネクタイ・スラックス
女子 長袖Yシャッ・ネクタイ・ジャンバースカート

細則

※細則規定のものは一部市販のものを着用するが、細則規定を厳守して購入、着用すること。
①靴類 すべて本校指定のものとする。
②ベルト 中学校は学校制定とし、高等学校は黒・茶で2.5~ 3センチ幅とする。
③靴下 市販の物を可とするが、白でワンポイントを可とする。
(躁が隠れないものは不可、レース・飾物は不可・ストッキングは目立たない肌色
とする)
④アンダーシャッ 自無地とする。メーカーロゴなどの小さなワンポイントは可とする。
女子についてもカラー下着は不可とし、白又はベージュとする。
④手袋 市販の物を可とするが、黒・茶・グレー・濃紺・白の無地とする。
⑤鞄 学校制定の物とする。但し部活で登録した物、指定バックで入らない教材については市販の補助バック(スポーッバック小型のものや目立たない色のトートバック小型)を利用することを可とする。(リュックサックは不可)